注目の記事 PICK UP!

じゃんけんで負けない方法..👊✌✋

どうも、下に行っても上やん(かみやん)です!!
さて、さてこのページを開いたそこのあなた!!!
本当に

『ジャンケンで負けない方法なんかあるの??』

と『思ってるでしょう??』

でも・・・・

スポンサーリンク

『もしかしたらそんな方法があるかも』
『私が知らないだけかも』

『そんな方法があったら知りたい』

と思うでしょう!!

期待してくれて
あざーーーーっっす!!!
(フランクすぎてすみません。)

はい、、
と気を取り直して本題に戻りましょう。

そうです。
この世には『ジャンケンで負けない方法』があるのです。

その方法をご紹介する前に・・・

『ジャンケン』とは何かを一度復讐しましょう!!笑

 

①じゃんけんとは

じゃんけんとは『手』だけを使ってできるお遊戯で、主に何かの勝敗を決める手段に使われます。

グーチョキパーとあります。

グーは拳を握ります。モデルは『石』

チョキグーから人差し指と、中指を起立させます。モデルは『ハサミ』

パーはグーと真反対で、全部を開きます。モデルは『紙』
グーチョキに強く
チョキパーに強く
パーグーに強い

今では当たり前すぎて、毎日ジャンケンをする人も少なくないでしょう。

世界共通で一番愛されているお遊戯ではないでしょうか?

そんな世界に愛されたこのジャンケン。

負けない方法なんて本当にあるのでしょうか?

②じゃんけんの必勝法?!

スポンサーリンク

よく『ジャンケンの必勝法!!』
などの記事をよく見かけますが、じゃんけんは負けなければ、負けではないんです!!
(そりゃそうですよね笑)

そして相手が何を出すか確率で見ると、33.33…%ですが、ジャンケンにもちゃんとしたデータがあります。

 

 

2009年6月20日の日本経済新聞土曜版「日経プラスワン」に、桜美林大学の芳沢光雄教授による「ジャンケンに関する研究結果」が掲載されました。

最初に出す手で、最も相手が出す確率が高いのはグー(35.0%)、次はパーで(33.3%)、最も少ないのはチョキ(31.7%)。2回続けて同じ手を出す確率は22.8%。
(芳沢光雄教授「ジャンケンに関する研究結果」)

なので、最も勝ちやすいのはパー(35%)ということになります。

あいこの場合は、同じのを出す確率は低いというデータが出てるので、グーチョキを出すと想定し、グーを出すのが良いですね!!

そして、男性と女性でも違うとうデータもあり、
男性はグー、女性はパーを出しやすいです。
チョキは誰からも支持されていないところを見ると可愛そうですが・・笑

ですので、結果
はじめはパー、次はグーをだすと、負けずに勝つことができます!!

③まとめ

”大事な事は、普段から何かに備えて準備をしているか”

大袈裟かもしれませんが、これはジャンケンに留まらず、運動前の準備体操や、仕事でのプレゼンテーションや、彼女とのデートや様々な場面で必ず必要となります。

ジャンケンは運と言われてるかもしれませんが、準備をして運が上がるのなら、準備をする価値はあると思います!!

最後にそんな事言われるなんて思ってなかった….!!

と、ツッコミを頂きながらこの記事を締めさせていただきます。
どうもありがとうございました(^o^)

友だち追加
The following two tabs change content below.
上之浦一樹

上之浦一樹

言いたいことは色々あるのですが、 こんな枠に納まる僕ではないので、 一度本家プロフィールを御覧ください!! どうぞ!!!

関連記事

  1. コーヒーの効能

  2. 変わりたいあなた!!を変えたい!!!

  3. 【最新トレンド情報】ラーメンバトル🍜!!

  4. 読書はしたい!でも時間がないあなたへ

  5. あなたはすでに五月病!?いち早く抜け出そう!

  6. 成功の近道!!〜全世界共通〜

  7. ネガティブからポジティブへ〜幸せになるための第一歩〜

  8. 【最新トレンド情報】 ドラゴンクエスト・ザ・リアル🏆

  9. 本を読む際に気をつけるべきたった3つのこと。

友だち追加

セレクト記事

最近の記事

  1. 簡単に真似できる出来る人がしていること
  2. もしかして撮った写真をそのまま使っていませんか?
  3. 最高の趣味の話
  4. ゴルフ 〜ゴルフ用語集〜(初心者:コース用語編)
  5. 応用活用可能!マズロー欲求5段階説
  6. Attriger第二弾 ~Stylish saturday night~
  7. 近い未来あなたの仕事は。。。
  8. 何もしなくてもカメラがうまくなる方法
  9. 多動力。
  10. 上昇思考−幸せを感じるために大切なこと

スポンサーリンク

最近の記事

人気記事

PAGE TOP