注目の記事 PICK UP!

少しの工夫で簡単ダイエット継続法

Hello~ニューヨーク留学中のあっきーです!

アメリカにいると、太るとよく聞くと思いますがまさにその通り。

お菓子は基本的に激甘だし、ハンバーガー・ポテト・パスタ

スポンサーリンク

飲み物は大きいサイズで頼むようになったり…などなど、

油断すればお腹や足や顔に可愛い
ぜい肉ちゃんたちが付いてくるのです!

帰ってきてから友人や家族に「太った??」と言われるのがオチ。

せっかく異国の地で養った英語力や感性、自立心がついて中身を磨いたのなら

同時に、見た目だって褒められたいですよね?

そう思う、あなただけに日常生活に取り入れるだけで出来る
楽々継続・ダイエット法をお伝しよう。

食事中は手を休めよう

食事中あなたは何回おはしを置くだろうか?

おはしに限らずスプーンやフォークでもいい。

ずっと持ったまま?数回は置いている?

それとも

食べ物を口に運んだら逐一、おはしを置いている?

日頃あまり意識していないかもしれないが食事中、逐一おはしを置くのが痩せるための第一歩。

おはしを持ったままだと早く次のおかずに手をつけたくなって、

しっかり噛まずに次々と口に中に入れてしまいがちなのを一回一回
食べては置いて、食べては置いてを繰り返すことで食べるスピードが落ちる。

落ち着いて食事ができるということだ。

それに加え、
噛む時間が増えるのもおはしを置くことの利点。

人間は食事に約15分かけて食べたり一回につき約30回噛むことで
お腹が満たされやすいと言われているので

おはしを一回一回置く
=よく噛むようになる
=時間をかけて食べる
=満腹になりやすい
=少ない食事の量で済む
=胃袋が小さくなる
=痩せる

このサイクルが働くのだ。

魅力的なサイクルでしょ?

ただ、
そんなの一々おはしなんて置いてられないと言う人もいるはず。

そんな人はまずは置く回数を増やすことから始めてみて。

1日目は1回置く回数を増やす。
2日目は2回置く回数を増やす。

と言う風に、徐々に増やしていくと
それがいつの間にか習慣になるはず。

スポンサーリンク

大股を制すものはダイエットを制す

バイトの行き帰り、、通学、遊びに行く時、家の中での移動

日々過ごしていく中で、歩かない日なんて滅多にないと思う。

でも歩き方に注意を向けたことはあるだろうか?

「あの歩き方は~誰々~だな」と認識できるくらい
人それぞれ歩き方には特徴があるものだが

オススメする歩き方は・・・

大股で歩くこと!!

大股で歩くことによって普段使わない
足の筋肉を使い、運動量が増える。

足やせ効果にも抜群な上に自然と姿勢が良くなり歩く速さも早くなる。

こんなに便利なダイエットはないよ。

だって
程よく足の筋肉がつく→脚やせする→姿勢が良くなる→歩くのが早くなる

良いことだらけだ。

人が溢れる街で普段より歩幅を大きくして、颯爽と歩いてみて。

髪をなびかせながらね。

そしたら
気分爽快、体も快調になるはず。

選択一つで変わる痩せ習慣

人間ついつい楽してしまう。

歩くより自転車自転車より車

階段よりエスカレーター立つより座る。

日々の選択の中であなたはどちらを選んでるだろうか。

もしいつも楽な方を選択してしまうなら

毎日毎日1時間ジョギングすることを想像してください。

汗水たらしながら、時間や距離を気にして
時計ばかりが気になるのを想像できるはず。

それを毎日継続するとなれば初めはかなり気力のいるもの。

それに比べて日常生活の中で自転車より徒歩を選ぶこと、

エスカレーターより階段を選ぶこと、座るより立つことを選ぶこと、

これらがどれだけ楽なことか感じるはず。

そしてもし
自転車より徒歩を選んだ日は自分を褒めてあげて。

「よし!今日はいつもよりいっぱい歩いた!」ってね。
自分のモチベーションを上げるのも大事。

脳を錯覚させて空腹を止めよう


食べたいという欲を紛らわすには違うことに取り組むことが最良の方法。

夜の9時、晩御飯を食べたにも関わらず
突然、「お腹空いた、、、何か食べたい、、、」
という衝動に駆られたことはないだろうか。

でも夜遅くの食事はダイエットの大敵。

「お腹空いた…何か食べたい…でも食べたら…太る…」

このような葛藤が頭の中で繰り広げられている内に足は自然と

リビング→台所へと近づき、

ついには冷蔵庫に手がいき、

ここまで来ると食べたい!という衝動は制御不可能。

どうしようもない。

しかし

「あなたの好きなことに取り組む」ことで

食べたいという気持ちを紛らわすことが出来る。

テレビを見たり雑誌を見たり
音楽を聴いたり友達とチャットしたりストレッチしたり

最終手段は

“寝ること”

何でも良いから自分の好きなことに
取り組み始めると食べたいという気持ちが
いつの間にか消えているはず。

“忘れている”という言葉のほうが適切かもしれない。

人間の脳は案外単純かもしれないね。

ダイエットの大敵に勝ったあなたは
次の日、良いスタートが切れすはず。

まとめ

世の中には様々なダイエット法が広まっているが

ダイエットで大事なことは
「継続」すること。

無茶なダイエット法や自分を追い込むことも
たまには良いかもしれないがやっぱり続かない。

だからこそ
日々の習慣を少し変えることで
理想の体に一歩近づくんだと思う。

そして
上4つの習慣がしみつけば気持ちの面でもあなたに変化がみられるはず。

「もっと頑張ろう!」
「もっと綺麗な体を手に入れたい!」
「1日30分でも走ってみようかな」

などとダイエットに対して前向きで、モチベーションも上がっているだろう。

海外滞在中に太りたくない、
ダイエットが続かない、と悩んでいるなら
まずは4つの方法で習慣を変えてみて。

心も体もキレイなあなたは男性からも女性からも魅力的に映るに違いない。

友だち追加
The following two tabs change content below.
akkii-hamada

akkii-hamada

短期大学卒業後、語学力のスキルアップとクリエイティブな感覚・経験を求めニューヨークへ。 ジムに行って体リフレッシュするのにはまってます♩ 日本にいては知りえない、現地で実際に見て・聴いて・感じた事を伝えていきます。

関連記事

  1. 必見!留学前に準備しておくべきもの5選

  2. ゾゾタウン社長前澤氏がバスキア作品を123億円で落札 歴代最高額

  3. イーロンマスクがロケットの回収に成功した件について。

  4. 自動販売機で買える⁉︎ snapchatが開発したITグラス

  5. CEBU LIFEをもう一度、、!

  6. 海外旅行の際に役立つパッキング方法5選

  7. 英会話攻略に隠された5つのルール

  8. 英語を話せるだけで得られる3つのメリット!!

  9. 三ヶ月で英語は話せます!!

友だち追加

セレクト記事

  1. ゴルフ

最近の記事

  1. 簡単に真似できる出来る人がしていること
  2. もしかして撮った写真をそのまま使っていませんか?
  3. 最高の趣味の話
  4. ゴルフ 〜ゴルフ用語集〜(初心者:コース用語編)
  5. 応用活用可能!マズロー欲求5段階説
  6. Attriger第二弾 ~Stylish saturday night~
  7. 近い未来あなたの仕事は。。。
  8. 何もしなくてもカメラがうまくなる方法
  9. 多動力。
  10. 上昇思考−幸せを感じるために大切なこと

スポンサーリンク

最近の記事

人気記事

PAGE TOP