注目の記事 PICK UP!

「雑談」をモノにする。〜4:6の法則〜

日常会話や商談において、雑談力はとても大きな武器となる。そして雑談力はトレーニング次第で誰でも伸ばすことが出来るのだ。
そこで今回は雑談における4:6の法則について述べたいと思う。
まず、雑談には「相手が知っていて興味がある話」、「相手が知らない興味がある話」、「相手が知っていて興味がない話」、「相手が知らない興味がない話」の4通りある。

この中でもっともつまらないのは「相手が知っていて興味がない話」をダラダラ話すことである。興味がないうえに、すでに知っていることを話してしまっては、相手の眠気を誘ってしまう。

一方、「相手が知らない興味がない話」には、貴重な情報を含んでいることがある。経営コンサルティングなどの分野では、その傾向が特に強い。もっとも、相手が関心のない話を無理やり伝えようとしても、なかなか伝わらない。そう考えると最も効果的なのは、「相手が知らない興味がある話」であることがわかる。しかし、一方的に長々としゃべったりすると、「いい話が聞けてよかった」とは思ってもらえない。そこが難しいところである。

ならば、相手が知らない新しい情報を効果的に伝える秘訣は何なのか。

スポンサーリンク

それは、相手に伝えたい新しいを全体の4割までにとどめることである。残りの6割をあえて「相手が知っていて興味がある話」にする。

そもそも、人はいくら関心のある話でも、知らない内容が4割以上含まれていると拒絶反応を引き起こす。知らない話を理解するには、かなりの集中力が求められるが、人の集中力はそんなに長続きするものではない。そのため、一度に多くの情報を伝えようとすると、相手に理解できない部分が増えて、消化不良が生じてしまうのだ。

この配分によって相手は「今日はいい話が聞けてよかった」と満足する。これが、「4:6の法則」である。

スポンサーリンク

友だち追加
The following two tabs change content below.
田中純

田中純

田中純 11月13日生まれ さそり座 B型 動物占い→コアラ 大阪出身、大阪工業大学3年生 体を動かすことが好きなので週3でジムに通ってます。

関連記事

  1. あなたは旅行先を決める前に、乗り物を決めますか?

  2. 【ビジネスマインド】カエルの美味しいお店のお話

  3. 自分の可能性を潰しているのは実は○○だった

  4. 気になるニュースをピックアップ第二号!!! byTATSURO

  5. やりたくないことをやってるあなたは何者ですか?

  6. 『3:10:60:27の法則』?!?!

  7. スケジュール管理が上手くなるための3つのヒント

  8. 元リクルートの藤原和博さんから学ぶ「100万人に1人の存在になる方法」

  9. 考え方1つで人生が変わる

友だち追加

セレクト記事

  1. ゴルフ

最近の記事

  1. 簡単に真似できる出来る人がしていること
  2. もしかして撮った写真をそのまま使っていませんか?
  3. 最高の趣味の話
  4. ゴルフ 〜ゴルフ用語集〜(初心者:コース用語編)
  5. 応用活用可能!マズロー欲求5段階説
  6. Attriger第二弾 ~Stylish saturday night~
  7. 近い未来あなたの仕事は。。。
  8. 何もしなくてもカメラがうまくなる方法
  9. 多動力。
  10. 上昇思考−幸せを感じるために大切なこと

スポンサーリンク

最近の記事

人気記事

PAGE TOP